スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球版 情けは人のためならず

世界一周新婚旅行~4年間の旅~をしている松本ご夫妻がおっしゃっていたエピソード。
(※おふたりの詳細は<パワフルカップル>の書き込みを見てね!)


ケニヤかどこかのアフリカの地で、道を失って、立ち往生になってしまって、
旅中、一番困ったそうだ。

その時、助けてくれた一般市民のおじさんは、
「俺は日本に行ったことがある。
そこで、日本人のもてなしに感謝しているし、日本が大好きなんだ。」
と、話してくれたのこと。


まさしく・・・
「地球版 情けは人のためならず」。

近頃、誤って「情けをかけるのは、本人のために良くない」とかの意味で、
解釈をされてしまっているけど、
「良い事をすると人のためだけでなく、巡り巡って自分に返ってくる」が本来の意味ですぞ!!!

彼が日本に行った時に会った日本人ではないけど、
日本人がしたことが、別の日本人に返ってきたのだ。
だから、地球版。


JICAの外国人を呼び寄せての研修制度は、どうして一般市民なんだ??
その国の権威ある人や、組織やまちづくりの中心人物を呼べばイイのに。。。。
って、恥ずかしながら思ってた。

間違ってた・・・

その国の権威ある人や、組織やまちづくりの
中心人物・主役は、
一般市民なのだ!!!



防災に置き換えても言える重要なこと。

自助・共助・公助共助の部分。


阪神・淡路大震災では、
一般市民の力は偉大なのだ。
一般市民によるコミュニティー防災

困った時はお互いさまの、心。

事実、レスキュー隊や消防士さん以外の市民が市民を助けた数の方が圧倒的に多い。
消防士さんがそのあと抱える「もっと助けられたのに・あの時助けなかった」病は、
また別のお話し・・・。


神戸にある祈念碑「一・一七 希望の灯り」の中にも、
震災が残してくれたもの
 やさしさ 思いやり 絆 仲間
』(一部を抜粋)
とある。

720 - コピー


パワフルカップル

♪Puakaわぁ~
世界一周新婚旅行~4年間の旅~をしている
松本ご夫妻に出会ったぁ~


トンガでは首都の先輩隊員のお家を拠点に、離島ハアパイにもお見えになった!


日本→中国→シルクロード→ヨーロッパ→アフリカ→北米→カリブ海→中米→南米→
大洋州→アジア→日本
※離島も含む。あのサッカー戦争で有名なフォークランドも!

私の中のキーパーソンの高橋歩さん・さやかさんご夫妻は2年だったけど、
4年間かけて旅してる。

うらやましい限りである。

外国に居るのに、外国に行きたくなるこの感じ。。。。
何なのだろう。。。

先輩隊員曰く、
帰国後研修の時に、社会還元・就職でなく旅に出る人が多いので
JICAから、「旅行とか行かないで下さい」って注意喚起があるのだそう。

妙に納得・・。

vcm_s_kf_m160_160x120_20101016182635.jpg
↑もう、ひと方は、出張でハアパイに来ていたSV。

SVの方含め、色んなお話しが聞けて、本当に楽しかった!!!


Puakaの同期隊員が、居る国々も回るので、
みんなへ、“松本ご夫妻協力隊”にも、なってもらうことをお願いしたでした。

この場を借りて・・・同期隊員の皆さま、
改めまして、どうもありがとう!!!

見間違い?探し~その2~

※このコーナーでは、
私Puakaが、いつまでも新鮮な気持ちを持ち続けることを目的にしており、
尚且つ、あなたのトンガ人度合いを知ることが出来ます。

日本の常識・日本の感覚では追いつかないトンガの光景をお送りし、
違和感なく見過ごせたら、あなたは立派なトンガ人です。


P4292687 - コピー








Answer・・・ブタ(puaka)と海。
見過ごせた人のトンガ人度:★★★★☆


アクアブルーの海と白い砂浜(写真は落ち葉だらけ・・・)に居るのは、
ビキニ水着ギャルだけではないんですね

コスト意識と優しさ

挨拶回り(※<企画書とMoimoiさん>の書き込み見てね!)に行くときに、
持って行く用で自信のポスターをプリントアウトしたら、、、、

「LOW COSTを考えろと、
普段、トンガ語を私に覚えさせるために英語を話せるのに、
トンガ語しか話してくれない上司が英語でキレてきた。
(注意して下さったと書くべきなのだが・・・事実。。。)

「トナーや用紙代のことを考えろ」とのこと。

日本では当たり前に考えられていた“コスト意識”(コスト削減)。

抜けてた。

あっちゃーって感じ。

私の他にもコスト削減が出来るところ、
い~ぱいだけど、私も気を付けなきゃだっ!!!

エラが「写真をもっと小さくすれば良いんじゃないか。」とかアドバイスをくれた。
いつも無口に印刷だけして帰る隣の事務所のマラカイMalakaiが異様に話しかけてきてくれた。

みんなの優しさが嬉しかった。

地震のポスター

5月。大小合わせて、3回。

2日続けて地震が起きた。

震度1・2の小さい地震。
大きいのではないので、ホッとした。



しっかーーーし!!!
このチャンスを逃すわけには絶対にいかない!!!

夜に起こったら、その次に朝、
Mofuikeモフイケ・Mofuikeモフイケ(地震・地震)」と、話題にあがる。

だから、今だ!!!

地震の初期動作の啓蒙ポスターを作ろう!!!
急いで、地震発生時の初期動作のポスターを作製した。

モデルは、みな事務所の同僚メンバー

vcm_s_kf_m160_160x120_20101016172830.jpg 避難経路の確保。ドアを開けましょう。

vcm_s_kf_m160_160x120_20101016170527.jpg グラッと来たら、机の下などの固い物の下に潜り隠れ、落下物から頭を守りましょう。

vcm_s_kf_m160_160x120_20101016172829.jpg すぐに外に飛び出すのは、危険です。しかし、建物が崩れる場合があります。外に避難しましょう。

vcm_s_kf_m160_160x120_20101016173655.jpg 外に居る時は立っているのは、ケガをするので危険です。また揺れによって物も飛ん来たり木が倒れて来るかもしれません。安全な場所に移動しましょう。そして、地震のあとは津波が発生する時があります。絶対に海から離れましょう。


A4×4枚


トンガ語訳は、同僚のエラEllahと。
カラー版は、次回総会で上京(上タプ)した時に作製予定☆


トンガ人を“防災活動”に巻き込んだ気でいる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。