スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心忘るべからず・そしてシャンタージ!!!

アメリカのJICAみたいな機関の、Peace Corps(ピースコー)の
トッド(トッティ)Toddに尋ねられた。
「どうしてJICAに参加したのか??」と。

来ました!この質問!!

ご覧なっている皆さまにも知っておいて頂きましょう。

そして、自分の「初心忘るべからず」のため、記す。
任地に入る前に振り返ることにしよう・・・。
恥ずかしいから英語~!!!

I’ll introduce why I joined JICA and, Disaster & Me.
Do you remember Sumatra great Tsunami (Indian Ocean Tsunami) in 2004??
It’s not too much to say that this disaster made a big change in my life.
Before the great Tsunami in Sumatra, I had done a disaster rescue operation.
For example, Niigata they had heavy rainfall, a flood, Chuetsu-earthqueke.
Even such I was surprised at the disaster is Sumatra.
To say nothing of, I had done tha Sumatra great Tsunami rescue operation in India.
While, I was staying, I knew
“Where was life that could be saved and, didn’t have to lose life in tsunami damage site.”
Foreign people have not known Tsunami.
On that occasion, they wondered and checked the sea.
The reason why the land was heavily damaged is that they didn’t have any knowledge of Disaster or Tsunami.
I have known of the existence of JOCV for a long time.
However, I didn’t know that there are type of job called the Rural Community Development officer and disaster relief.
When I found out about this job,
I just couldn’t stand by and do nothing.
The disasters don’t happen in a meeting room!
Disasters happen on the site!!!

初めての海外の災害救援ボランティアのインドで、
お世話になったシャンタージ氏。(僧侶名:シャーンタアムリタ・チャイタンヤ)
IVUSAとインドやアンマを結んだお方。
行きの成田空港でお会いしました。
途上国の防災教育について考えさせられたきっかけのインド所縁の人物に、
お会いするなんて・・・
これ、神様か何かの思し召しかも・・・
シバ神?防災の神?

お見送り? シャンタージと。


※IVUSA(イヴィーサ)・・・学生時代に所属・活動していたNPO団体。
puakaは、この団体を通して、
災害救援活動・国際協力活動・社会福祉活動・環境保護活動をしたり、
ボランティアスピリッツを養わせて頂きました。

※アンマ(AMMA)・・・インドのヒンドゥー教最高宗教家。サイババの女性版。
アンマの慈善活動の1つに、恵まれない人々のためのハウジングプロジェクトがある。
2004年のスマトラ沖地震(インド洋大津波災害)以降は急きょ津波被災者へのハウジングプロジェクトも行っている。
アンマは、慈善活動の協力者をヒンドゥー教徒以外にも世界中から募集している。

SV・・・明日への活力

SV・・・Senior Volunteer
それは明日への活力。


シニア海外ボランティアは、
青年海外協力隊(JOCV・JV)とは、
制度や待遇や家の設備がまったく違う方々。

経験豊富で、人生・仕事の先輩であるから、
任国で出来る貢献度がまったく違うスペシャリストだから、
当然!!

そんなSVの方々や随伴家族の奥様たちが、
お食事にご招待して下さる時があります。

久しぶりに、お袋の味を堪能させて頂いたり、
貴重なご意見・お話しを聞かせて頂いたり、
色々な所に連れて行って頂いたりと、
明日のへの活力・英気を養わせて頂いております!
大変お世話になっております!!!!

vcm_s_kf_m160_160x120_20100910200952.jpgvcm_s_kf_m160_160x120_20100910201500.jpg

vcm_s_kf_m160_160x120_20100910200956.jpgvcm_s_kf_m160_160x120_20100910201501.jpg

vcm_s_kf_m160_160x120_20100910200955.jpgvcm_s_kf_m160_160x120_20100910200953.jpg

実は・・・
SV・奥様の方々と会うと、少しだけ日本の家族に会いたくなる時が、たまにあります。


無宗教は、多宗教???(HS)

日曜日には白の服・巻きスカートtupenuに、
タオバラtaovalaという腰みの?腰ござ?を身に着けさせて頂き、教会へ。

P4042138.jpg
(↑↑↑ この写真、超デブってる・・・


ちびっこも小さいタオバラtaovala着けてます☆
P4042147.jpg

初めて、“ぶどう酒とパン”体験をしました。
イエス様の“血と肉”ってやつですよね・・・??

赤ちゃん誕生の儀式もありました。↓↓↓
P4042143.jpg


宗教をお持ち方や、信仰心の強い方や、
本当のキリシタンの方には、
失礼なお話しですが、、、

ここ2・3日で思ったことは、
私のような無宗教者は、多宗教者かもしれません・・・。

どんな、宗教にも入って行けてしまう。。。。

しかも、それは、一時です。

それは、とても無責任なことかもしれません・・・。

インドに行った時は、バジャン(お祈りの曲)を毎晩歌い、
ヒンドゥー教にドップリ浸かりました。
瞑想も気持ち良かったし、アンマのダレシャン(抱擁)も嬉しかった。

インドネシアに語学研修に行った時は、
朝はコーランで目を覚まし、
ホストファーザーがメッカに向かってお辞儀しているのを何度も見ました。

モンゴルでは、
仏教・チベット仏教のお寺巡りをし、
たくさんの修行僧たちや閻魔さまみたいのが建造されているのを見ました。

そして、、、
今、
トンガで、キリスト教の教会で、
毎週日曜、讃美歌を歌っています。

しかし!!!
何かお願いごとや安全祈願は、ご先祖さまにしています。
不思議なものです。

P4042140.jpg
P4042146_20100518081428.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。