スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あおぞらトンガ語教室

地震のポスター効果で、※<地震のポスター>の書き込み見てね!
「隠れたテーブルが壊れたらどうするのか?」質問が一般のトンガ人から来た。

嬉しい限りである。
地震のポスターに対して、レスポンスがあったんだもの!

私は必死に、「クラッシュ症候群」の事なども含めて、
ジェスチャーとつたない英語とつたな過ぎるトンガ語で説明した。


その後・・・・
同僚のエラが、
「セシ!トンガ語、私と勉強しよう!!!」
って、言ってきてくれた。
※セシは私のトンガンネーム。詳細は<挨拶回り~職場~>の書き込みを見てね!


仕事終わりから、暗くなるまで、
vcm_s_kf_m160_160x120_20101024094741.jpgvcm_s_kf_m160_160x120_20101024094742.jpgvcm_s_kf_m160_160x120_20101024094740.jpg
↑こんな感じで、エラのお家の庭で、ゴザを敷いて、
「あおぞらトンガ語教室」が始まりました。


エラがどうして、急に言い出してくれたのかは、
分からない。

トンガ語が出来なくてヤバイ私に、
伝えよう伝えようと必死な私に、
エラは動いてくれた

防災に興味を持ってくれたのかは不明。

日常会話と、防災に特化したトンガ語を教えて頂いています。

日本では、浸透している バケツリレーや非常持ち出し袋(災害時避難袋)の説明の時。

英語で「Emergency Bag」って言っても、見たことも来たことも概念すらないから、
まずは、そのものの、もとのもとから説明。

そうしたら、通じて、共通のイメージがわいて、
「そのかばんには、
レインコートや乾電池、ろうそくとかも入れて、壊れた家以外の所に行く!
ってことだよね??」
って言ってくれた。

なんて頭がイイのだろう。感動!!!
うれし涙が出るかと思った☆

0が1になった瞬間って言うのかな・・・
すごくすごく嬉しかった。
正確には、0が0.3かもしれないが・・・。

防災関連の言葉を教えてもらいながら、
私の防災の知識を拾ってもらえるとイイな!!!

エラには、私に「言葉を教えた」と思うだけでなく、
私から「災害・防災のことを知った」って思って欲しいな!!!



スポンサーサイト
コメント

早速~

早速遊びにきました~

とてもがんばっているみたいで本当に安心しました☆過去ブログもこれから見させてもらいます~

NAKATA T早くおくるね!!

久しぶり

元気?
Skypeしよう!
iPhone手に入れたよ!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。